無理しないハースストーン

無理しないハースストーン

無理せず楽しむハースストーン(見やすくなりました)。

コボルトのお気に入りデッキ2選 ~翡翠ローグと進化シャーマン~

 

1/16 追記

進化シャーマンの方が戦えるので☆3.5。ローグの方は☆3としました。

進化シャーマンはトーテムと【回廊漁り蟲】の相性が抜群だし、やっぱり【退化】強い。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ハッピーあけおめーション。

退院しました。

 

先月は時間もあったので、久しぶりにランク一桁まで行った。やはり強いデッキだと速いわね。

hsgoma.hatenablog.com

 

で、話は遡って、去年の今頃のことだ。

このブログに旧環境の【進化シャーマン】を掲載したところ、少しバズった。おそらく【ドッペルギャングスター】入りの進化デッキが珍しかったのだと思う。

その後マンモス年になり、今ではすっかりプリーストの天下になったが、DK進化シャーマン、翡翠進化シャーマンなど、活躍した進化デッキはいくつか見受けられる。

何が言いたいかというと、今年もそんなデッキの萌芽となる研究をして行きたいということである。

 

で、コボルト環境で(ほぼ見たことない)デッキをふたつ作ったので紹介したい。超強いかどうかは置いといて、どちらもプレイしていて楽しいお気に入りだ。

 

翡翠ローグ】

☆3 低ランクやカジュアルなら十分やれる

f:id:exgoma:20180110170819p:plain

 

戦術など

まずは翡翠ローグから。

序盤は盤面をコントロールし、中盤から終盤にかけて、大きく育てた翡翠のゴーレムで圧倒するデッキだ。

ややコントロール寄りの設計なので、ミニオン主体で押してくるデッキに相性がいい。

逆にハイランダープリーストやOTKデッキには、こちらが整う前にコンボで負けてしまう場合があり分が悪い。

勝ちパターンは、ほぼ「翡翠のゴーレムで圧倒する」一択なので、翡翠のゴーレムが出せるカードをとにかく有効に活用することを考えよう。

 

重要ムーブ

このデッキを扱う上で重要な動きを、以下に列挙しておく。

翡翠ミニオン】+【ゴルゴン・ゾーラ】

f:id:exgoma:20180110175422p:plain

ゴーレムを出すカードを増やす方法その①。

単純にカードが一枚コピーできるので、その分ゴーレムが大きくなる。

特に【翡翠の鎌刀】は隠れ身を持っているため除去されづらく、2マナ【鎌刀】からの3マナ【ゴルゴン・ゾーラ】は決まりやすい。

 

翡翠ミニオン】+【ソニア・シャドウダンサー】

f:id:exgoma:20180110175440p:plain

増やす方法その②。

翡翠の鎌刀】は言わずもがな、【翡翠の精霊】も本体の方は放置されていたりするので、一体でも増やせる場合は躊躇せず出そう。

やや逸れるが【ヴァイルスパイン・スレイヤー】を1マナで使い回したり、翡翠のゴーレムを[1マナ 1/1]のミニオンとしてコンボの種にしたり、【ソニア】の使い道は意外と豊富である。

 

【競売人】コンボ

f:id:exgoma:20180110175553p:plain

今さら言うまでもないんだけど、ローグの基本とも言えるこのコンボは、このデッキにおいてもとても重要だ。

翡翠のゴーレムを出すカードを引くために、【競売人】と呪文で相手の盤面を処理し、デッキを圧縮する。

特に、遅いデッキが相手の場合は、ドロー加速により速く大きなゴーレムを召喚し、相手の手札が揃う前に勝負を決めることを目指そう。ダメージを詰めるために、ドローしながら【翡翠の手裏剣】や【腹裂き】をフェイスに撃ってもいいレベルである。

 

交換候補

あまり外せるカードは無いが、【ゴルゴン】【ソニア】あたりは一応【シャドーキャスター】と交換可能。

f:id:exgoma:20180110180017p:plain

もしくは【ヴァイルスパイン・スレイヤー】【擬態の卵】【影隠れ】をもう1枚増やしてもいいかもしれないけど、どうしてもって時の次善の策としてお考えください。

 

まとめ

速いデッキにはコントロールの動きをし、遅いデッキにはミラクルローグの動きをせよ。

アグロとか、序盤から活発にミニオンを出してくるデッキに対しては、コントロールデッキのようにチクチク【昏倒】とか【退散】とかダメージ呪文で処理すべし。終盤にかけて翡翠のゴーレムで圧倒しよう。

遅いデッキに対しては、とにかく速くゴーレムを育てるため、【競売人】でドローしまくろう。ダメージを出すため、呪文をフェイスに撃つことも考えよう。

 

 

【進化シャーマン】

☆3.5 ランク戦で十分戦えるが、一線級には敵わない

f:id:exgoma:20180110170754p:plain

 

戦術など

続いて進化シャーマン。

【進化】だけじゃなくて、単体で進化させる【不安定な進化】と【進化を統べるもの】を入れている。

リストを見たら想像できると思うけど、断末魔にマイナス効果がある【ガラガラガイコツ】や【堀に潜むもの】を使用した後に進化させることを目的としている(確定除去ではないのでやや劣るが、お好みで【爆弾部隊】でも良い)。

f:id:exgoma:20180110172623p:plainf:id:exgoma:20180110172634p:plainf:id:exgoma:20180110172645p:plain

【マナの潮のトーテム】以外なら大体雄叫び持ちなので、基本的に出がらしは進化させてしまって良い。

【スペルブレイカー】【ファイア・エレメンタル】【堀に潜むもの】などで相手のミニオンを処理しつつ、高コストミニオンに進化させて殴り勝とう。進化させるカードが全て(7枚)入っているので、これまでのように【ドッペル】+【進化】だけではなく、隙あらば進化させてしまって良いだろう。

また【血の渇き】も入れてあるので、リーサルダメージが出るなら一気に決めることもできる。

 

重要ムーブ

最重要なのは進化だが、もう一つの注目は【ざわめきのエレメンタル】だ。

f:id:exgoma:20180110173759p:plain

先述の通り、ほぼ全てのミニオンが雄叫びを持っているので、かなり働いてくれる。良く使うのは【初級エンジニア】で2枚ドローだが、それ以外にも有効な組み合わせはいくつもあるので、以下に書いておく。

【ガラガラガイコツ】

5マナ5/5が2体出る。

その後【進化】を使えば、7マナで[3マナ 5マナ 6マナ 6マナ]が場に揃うことになる。

【進化を統べるもの】

2マナ分進化する。

先に出ている【ざわめき】に使えば、6マナで[4マナ2体]になる。

【ドッペルギャングスタ―】

5マナ2/2が5体出る。

その後【進化】を使えば、8マナで[3マナ1体 6マナ5体]が場に出る。

【ファイア・エレメンタル】

ミニオン1体に6点ダメージ。

【ボーンメア】

ミニオン1体に+8/+8挑発。

 

と、こんな感じで状況に合わせて雄叫び2倍!

楽しいからみんなもやろう。

 

交換候補

安めのデッキなので交換は無し。

と言いたいところだが、DKスロールだけレジェンドなので【ボーンメア】なり1枚だけ入っているミニオンを増やしてもいいだろう。

 

まとめ

進化と雄叫び2倍を楽しもう。

以上。

 

 

はい。

一応、それなりに使い物になるデッキだけ紹介してはいるが、今回は他にも候補はあった。断末魔を多用した【キューブシャーマン】と【装甲ドラゴンウォリアー】の2つは、最後まで粘ったんだけど惜しくも落選。

そのうち、日の目を見ることがあるかもしれない(多分ない)。

 

それじゃ、また。